トップページへ > 駅から少し離れた1DKの部屋
駅から少し離れた1DKの部屋

私が引っ越して失敗したと思ったのは、一人暮らしで駅から少し離れた1DKの部屋でした。
選んだのは便利な場所と、周りは静かな住宅街で少し高台になっていたので眺めがよかったことです。
大家さんも敷地内にいて安心だったこともありました。
まず引っ越し日に少し後悔したのは、家までの道が狭くてプロの引っ越し屋さんでもかなり苦労していたことです。何度も荷物を運んでいる姿を見ていて、さすがに悪いなと思いました。
暮らしてみて高台なので、風通しはよかったものの日が照ると結構遮るものがなくて暑いのも引っ越し時期が梅雨時期だったので大変でした。
一番の後悔は、高台なので帰るまでの道が坂道で、さらに家に上がる細い道が急なことでした。毎日のことなので、疲れている日は特にきつくて家に帰るのもおっくうなほどでした。
そのうち妊娠がわかり住むのも気つくなったので、けっきょく数か月でまた引っ越す羽目になりました。
お金もかかりもったいなかったと反省してます。

お役立ち情報一覧

Copyright © 2010 京都府の引越し業者 . All rights reserved