トップページへ > 部屋の雰囲気は床材できまる
部屋の雰囲気は床材できまる
"建築関係のデザイナーです。 部屋の雰囲気は床材できまります。 もちろん壁紙・カーテンなども部屋に占める面積が 大きいのでそれらの影響はあります。 しかし普通の住宅に店舗のような個性的な色彩や柄の 壁紙を使うことは少なく、無地に近いホワイト~ベージュ 系のものがほとんどです。カーテンは季節によって変える と確かに部屋の雰囲気はかなり変わります。 しかし部屋の雰囲気を最も左右するのが床材です。 材質・質感・色調によって雰囲気が全く変わります。 価格の安い順に、ビニルタイル、ビニルシート、 カーペット、フローリングの選択肢があります。 もちろん個人の好き嫌いはありますが、長い眼で みると、あきのこないフローリングがおすすめです。 特に夏場は他の材料より足ざわりが良いのが お勧めの理由です。特に無垢材のフローリングの 足ざわりは最高です。"

お役立ち情報一覧

Copyright © 2010 京都府の引越し業者 . All rights reserved